Issue 2020.04

Issue|陶芸家・馬場勝文が辿ってきた5つのターニングポイントとは。

Read

2020.3.27

editF_d

Report: Creative tour 波佐見 〜写真教室編〜(ツアーの様子) 1/5

旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂にて。

2020年2月8日(土)に開催したクリエイティブツアー波佐見。
今回は「まちの魅力をカメラで切り取る写真教室編」ということで、撮影散策しながら波佐見のことを知ろうというツアーです。
しかも、ただ撮るだけではなく、自分の写真の発表もします。

テーマは 『 私的 “ 波佐見の魅力 ” 写真 』。

いわゆる観光パンフレットに載っているような「綺麗な写真」を目指すわけではありません。
もしかしたら他の人には伝わらないかもしれないけれど、自分的にはすごく気に入っている!とか、私はステキだと思った!とか、とにかく好きなんだ!とか。
そんな、撮る人の個性が現れた写真を発表できたら、面白いのではないかと。
波佐見を写した一枚なのに、そこに「撮影者自身」が見えてくるような……。

さらに、お互いに感想を述べ合います。
人前で話すのって緊張しますよね。
でも、自分の写真にどんな感想がもらえるのか楽しみでもあります。
それに “ 私的 ”ですから、自由に撮れば良いんです!

今回はプレス枠として、プロのカメラマン3人に、カメラマンでもある編集者さんの4名のクリエイターの方たちをお招きしました。
もちろん、プロの方たちも発表会に加わります!
プロがどのような私的視点の写真を発表するのか、どんな感想がもらえるのか、これも楽しみですね。

ということで、ツアーの始まりです。
例によって朝はとても早い。集合時間は7時15分。まだ少し暗いです。
それでも皆さん、きちんと集合してくださったので、滞りなく出発できました。
波佐見まで約2時間の道のりです。

今回のツアーも、いつもお世話になっている波佐見空き工房バンクの福田奈都美さんにコーディネートをお願いしました。
まずは基幹産業である「波佐見焼」の現場を知るため、老舗の窯元・中善さんへ。
オリジナルはもちろん、有名量販店で扱う製品も数多く手掛けられています。
分業体制でつくられる波佐見焼。各工程の職人技を見学します。

工場見学のあとは併設してある「ファクトリーショップ荷土(につち)」へ。

中善の商品が20%OFFで購入可能。

手にとってもわからないほど微細な傷や焼きムラなどがあるものは50%OFF!

タイトルとURLをコピーしました