Issue

vol.2 / 2021.04

Portrait

『波佐見ポートレイト』
波佐見に “新しい風” を吹き込む、
楽しみな面々。

長崎県の波佐見町の人々を、その働く姿にスポットを当てて紹介しているメディア「波佐見ポートレイト」。新しい記事を追加しています。この町にある中学校は一つだけ。だから、年齢の近い人はだいたい顔見知りなんだとか。今回取材した中にも4人の同級生がいて、それぞれ家業を継ぎ、若い感性で頑張っていました。また、新体制になった会社や、お店をオープンしたばかりの人も。もちろん、脈々と歴史を紡いできているところだって、時代に合わせて変化とチャレンジを続けています。ワクワクするような新たな風を感じさせる素敵な人たちをご覧ください。

Creative tour

Report: 美のり窯 民泊体験記(波佐見町)

波佐見焼の生地屋さんであり、個人作家として焼き物の工房も営まれている「美のり窯」さん。こちらでは陶芸体験ができる民泊も行っています。デザイン塾の卒業生に、ロクロ体験の様子や美味しい料理のおもてなしなど、そこで過ごしたアットホームな時間をレポートしてもらいました。

Publishing

冊子『HASAMI Portrait』vol.2を発行

「波佐見ポートレイト」は、情報量の多いWEBと、写真集のような冊子、2つの媒体で波佐見の人を紹介しています。今回、2号目となる冊子ができました。さまざまな生業に携わる、15人の方々を紹介しています。

Design juku

Back number

vol.3 | 2021.5

Publishing

冊子『F_d Issue』vol.2
クリエイティブツアー特集号が完成しました。

いわば “大人の社会科見学” として、いろいろな場所に出かけて知見を広げてきた「クリエイティブツアー」。これまでの旅をギュギュッとまとめた1冊ができました。

vol.1 | 2020.04

Portrait

馬場勝文陶工房
陶芸家・馬場勝文が辿ってきた5つのターニングポイントとは。

魅力的な器を生み出すに至った、馬場さんのこれまでの道程はどのようなものだったのでしょうか。そこには、5つのターニングポイントが。

f_d
タイトルとURLをコピーしました