2019.10.2

editF_d

Creative tour

クリエイティブツアー波佐見 〜採れたて地元食材でお料理教室編〜|11/10開催

実りの季節に、味覚で波佐見を楽しもう!

長崎県の波佐見町。
約400年の歴史を誇る波佐見焼で有名な、日本屈指の「やきもの」のまちです。
でも、陶器の「陶」と農業の「農」を合わせて「陶農の町」とも呼ばれるくらい、実は農業も盛んなところ。
自然豊かな環境で育まれた、美味しいものがいっぱいあります。

まさに食欲の秋。
ぜひ一緒に、食を通じて波佐見を知る旅へ出かけませんか?

ツアーの始まりは、最高級卵の朝食から。
〜峠自然塾浅田良卵〜

峠自然塾浅田良卵では、自然に近い環境のなかで、鶏たちをのびのびと育てています。
えさも、酒粕で発酵させた安心の自家製飼料。
元気な鶏たちが産んでくれる卵には、必須アミノ酸のアルギニンが通常の40倍も含まれているのだとか。

クリエイティブツアー波佐見

その卵は「アルギニン元気たまご」と名付けられています。
なんと首都圏では1個400円(!)の高値がつく、高級たまご。(直接お店で買う場合は10個1,000円+税で購入可能。)
それを卵かけごはんにして頂きます。

クリエイティブツアー波佐見

釜炊きのツヤツヤごはんに、レモンイエローの新鮮なアルギニン元気たまごをのっけて!
卵スープと付け合わせ(自家製のお漬物など)もセットになっていますよ。
栄養満点の朝ごはんで、エネルギーをチャージしましょう。

クリエイティブツアー波佐見

オーガニックの人参収穫&しぼりたてジュース。
〜百笑会(農事組合法人)〜

波佐見町で唯一、有機JAS認証の野菜を栽培している百笑会。
農薬や化学肥料を一切していない、安心で健康な畑で、有機人参の収穫を体験します。
普段の生活では、なかなか土と接する機会もないのでは?
おいしい人参を選ぶコツなどを教えてもらいながら、大地と触れ合いましょう。

クリエイティブツアー波佐見

収穫のあとは、しぼりたての人参ジュースを飲んでリフレッシュ。
生の酵素たっぷり、味も栄養もぎゅっと凝縮されていて、体の中から元気になれそうです。

さらに、収穫した有機人参をお土産にお持ち帰りいただけますよ!
みずみずしくて甘い人参を、ご自宅でも楽しんでくださいね。

クリエイティブツアー波佐見

コリコリとした食感と濃厚な味わいがたまらない原木椎茸。
〜楠本農園〜

今回のお料理教室で使用する材料のひとつが、木場山にある楠本農園の原木椎茸。
楠本和義さん・初代さんご夫婦が大切に育てています。

クリエイティブツアー波佐見

椎茸には「原木椎茸」と「菌床椎茸」の2種類の栽培方法があります。

スーパーなどでよく見かけるのは「菌床椎茸」。
おがくずなどに米ぬかなどの栄養源を加えて固め、人工的に作った「菌床」を使って栽培されます。
栽培期間は3~6ヶ月ほどで、管理された施設内で育てられるため、手に入りやすく、実は柔らかくて匂いが少ないのが特徴です。

一方の「原木椎茸」は、クヌギなどの丸太に種菌を打ち込み、山間部の自然環境のもと、木の栄養分だけで育てます。
収穫までに2年かかり、自然条件にも左右され、手間が大変かかるため、どうしても菌床よりも高価に。
ですが、肉厚でコリコリとした歯ごたえと、香りの良さ、濃厚な味は格別です。

クリエイティブツアー波佐見

(ツヤツヤお肌に釘付け!やはり菌活の効果でしょうか?)

18歳から始めて75歳の現在まで、原木椎茸の栽培に携わってきた楠本和義さん。
お話を伺っていると、とても研究熱心で、創意工夫とチャレンジ精神を忘れない方だということが伝わってきます。
一代で椎茸産地を築き、主に春と秋にしか収穫されない原木椎茸を一年を通して収穫できるようにし、また、通常2年かかる栽培期間を1年に短縮するなど、様々な栽培方法を確立。
そのため「森の名手・名人100人」にも選ばれ、森とともに生きる知恵や技を持つ達人だと認められました。
また、東彼林業研究会の会長として、森林環境の保全や林間栽培の普及なども行われています。

そんな楠本さんの原木椎茸の多くは、東京や大阪の高級料亭などで使われているそうです。

波佐見の新鮮食材で、手軽に作れる美味しい料理をプロに学ぶ。
〜フレンチの宮副玲長奈シェフ〜

「やきもの」のまちらしく、製陶所の跡地でお料理教室を開催。
アルギニン元気たまご・百笑会の有機人参・楠本農園の原木椎茸を使った、オリジナルレシピを教わります。
盛り付けはもちろん、波佐見焼の器に。

クリエイティブツアー波佐見

教えてくださるのは、長崎県の中央に位置する東彼杵町の古民家レストラン「Little Leo(リトルれお)」のオーナーシェフ、宮副 玲長奈(みやぞえ れおな)さん。
長崎県佐世保市の出身で、東京やフランスのリヨンの名店で腕を磨かれ、2019年3月に現在のお店をオープン。
古民家を改装された雰囲気のある空間で、長崎の新鮮な海の幸・山の幸を使った本格フレンチを創作されています。

お家でも簡単に作ることができる、3つのメニューを考えてくださいました!

《 浅田良卵のアルギニン元気たまごを使ったカルボナーラ 》
《 百笑会の有機人参ラペ 》
《 楠本農園の原木椎茸のクリームスープ 》

クリエイティブツアー波佐見

スープはデモンストレーション形式、ラペは何人かに手伝っていただく形で教わり、カルボナーラはグループ毎に調理します。
失敗せずに上手く作れるコツなどもしっかり教えていただきましょう。
一足お先に試食させてもらったのですが、いや〜美味しかったー!!(早くレシピが知りたい!)

クリエイティブツアー波佐見

シェフに盛り付け方のコツなどをお聞きしつつ、波佐見焼のお皿にお料理を盛ったら完成!
みんなで一緒に“波佐見の恵み”を堪能しましょう。

クリエイティブツアー波佐見

今回使用する器は、西海陶器のcommonシリーズ。
お皿の色が異なると、イメージも変わりますね。器づかいの参考にもなるのでは?

ステキな波佐見焼の器をお家にも。

お料理教室を行う「833スタジオ」は、波佐見町で屈指の人気スポット「西の原」にあります。
かつての製陶所の跡地に、カフェやギャラリー、ショップなど、おしゃれなお店が立ち並んでいます。

お料理教室のあとは、西の原でショッピングを楽しみましょう。
盛り付けに使用した西海陶器のお皿も買えますよ。
波佐見町のお土産に、お気に入りの品を探してみませんか?

また、徒歩7分ほどの距離にある「陶芸の館・観光交流センター」では、いろいろな窯元の器や、特産品なども取り扱っています。時間に余裕があれば、そちらまで足を伸ばしてみても◎

|クリエイティブツアーとは|

「地域の創造性を直に見て触れよう」をコンセプトに、クリエイティブな方法で訪れる場所のことを学ぶ、デザイン塾の校外セミナー。
まちの歴史を知った上で写真を撮ったり、地元の人から話を聞いたり、地のものを食べたり…と、五感を使い、能動的に、その土地の魅力を探っていこうというプロジェクトです。

|企画協力|

本ツアーの開催にあたっては、波佐見町役場の方々と波佐見空き工房バンクの福田奈都美さんに多大なるご協力をいただきました。

クリエイティブツアー波佐見

タイムテーブル

*下記行程・時間配分は変更になる場合があります。

7:30 福岡・天神を出発
7:15 天神・日本銀行福岡支店前に集合。
バスに乗って長崎県東彼杵郡波佐見町へと出発します。
9:20〜9:25 波佐見町役場にて「波佐見 空き工房バンク」の福田さんと合流
9:35〜10:35 「峠自然塾浅田良卵」の見学
卵かけごはんの朝食をいただきます。
10:50〜12:20 「百笑会(農事組合法人)」の有機人参の収穫体験
土と触れ合い、フレッシュな人参ジュースを味わいましょう。
12:35〜15:35 西の原「833スタジオ」でお料理教室
古民家レストラン Little Leo の宮副シェフに波佐見町の食材を使ったお料理を教わります。
15:35〜16:35 「西の原」でショッピング
波佐見町で屈指の人気スポット・西の原でお買い物タイム。
16:40〜 波佐見町を出発し、福岡へ
18:30 福岡・天神にて解散

お申し込み

受付を終了いたしました。

タイトルとURLをコピーしました