Issue 2020.04

Issue|陶芸家・馬場勝文が辿ってきた5つのターニングポイントとは。

Read

2014.9.28

editF_d

由布岳トレックレックandレトログラフィ|10/19開催

〜自然の美とつくられた美・2つの造形美を堪能し秋色を愛でる旅〜

トレックレック第二弾の舞台は大分県由布市の由布岳です。
由布岳は標高1,583mのきれいな円錐形をした山で、富士山と同じ独立峰。
その優雅で美しい姿から「豊後富士」の愛称で親しまれています。
山頂からの眺望も素晴らしく、「登って良し、姿を眺めても良し」の由布岳。

空はどこまでも高く澄み、そろそろ樹々の葉が紅・黄・橙に色づきはじめる山粧う季節。
カメラを持って、秋の気配を探しに行きませんか?

そして今回はトレッキングだけでなく、レトログラフィもプラスした欲張りツアーです。
玖珠町にある近代化産業遺産、豊後森機関庫を訪ねます。
蒸気機関車の時代につくられた扇形の機関庫。いまはもう廃墟と化しています。
円柱が整然と立ち並び、まるで古代の神殿かコロッセオのよう。
機能的につくられたものでありながら、その姿には美しさを感じます。

自然が生み出した美と人の手がつくり出した美。
涼やかな秋気を纏う2つの造形美を堪能する旅へと出掛けましょう。

由布岳トレックレックandレトログラフィ 由布岳トレックレックandレトログラフィ 由布岳トレックレックandレトログラフィ 由布岳トレックレックandレトログラフィ

タイムテーブル

*下記行程・時間配分は変更になる場合があります。

7:30 福岡・天神を出発
7:45 天神・日本銀行福岡支店前に集合。
バスに乗って大分県由布市へと出発します。
10:00〜 由布岳トレッキング
涼しく爽やかな秋の空気を胸いっぱいに吸い込みながら、由布岳を歩きます。
美しい景色や自然の造形美を愛でつつ、秋の気配を写真に収めましょう。
澄み渡る空のもと、山頂で食べるご飯はとても美味しいと思いますよ。(事前にお弁当を買う時間を設けます。)
トレッキングの所要時間は全部で4時間ほどの予定。
ルートは当日の天候などを考慮して決定します。
*「参加条件・注意事項」の項目をよく読んでご参加ください。
*雨天の場合は鶴見岳へロープウェイで登ります。詳しくは募集要項の「雨天時のスケジュール」をご覧ください。

由布岳トレックレックandレトログラフィ
15:00〜 雄大な由布岳を一望できるスポットへ
自らの足で登ってきた由布岳を、今度は外から眺めてみましょう。
きっと、また違う感動があるはずです。
湯布院の町並みも見渡せます。
16:30〜 豊後森機関庫へ
蒸気機関車の点検、格納庫として1934年に完成した豊後森機関庫。
蒸気機関車の向きを変える円形の転車台を中心に、扇を広げた形をしています。
当時の最高の技術を用いて建築されたのでしょう。
2012年に公開された映画『僕達急行A列車で行こう』のロケ地にもなりました。
機能美。
曲線美。
朽ち果てた様子もまたフォトジェニックです。
将来的には鉄道記念公園として整備されるようです。
由布岳トレックレックandレトログラフィ
由布岳トレックレックandレトログラフィ
18:30〜 日田で温泉休憩
温泉に入って、身も心もリラックス。
汗を流してサッパリとして帰りましょう。
19:30〜 日田より福岡へ
21:00 福岡・天神にて解散

お申し込み

申し込み受付終了いたしました。

タイトルとURLをコピーしました