Issue 2020.04

Issue|陶芸家・馬場勝文が辿ってきた5つのターニングポイントとは。

Read

2015.2.12

editF_d

西新コラム| 名物・リヤカー部隊

西新商店街の名物といえば「リヤカー部隊」。
午後1時になると、西新中央商店街の道の中央にリヤカーの列がずらりと並びます。
リヤカーには産地直送の新鮮な野菜や近海で獲れる魚介類、花などがぎっしりと積まれ売られています。

西新Column:名物・リヤカー部隊

そもそものはじまりは戦前。
農家の奥さんや子どもが自分の家で採れた野菜や果物などをリヤカーに積み、
西新で売り歩いていました。
西新一帯は早良の農村地区、糸島の漁村地区と福岡の町を結ぶ位置にあり、生産と消費の接点だったのです。
やがて戦後、商店街の中で行商が行われるようになったそうです。
多い時には60台を超えるリヤカーが出ていたとか。さぞ賑やかだったことでしょう。

西新Column:名物・リヤカー部隊

現在、リヤカーの数は減少してはいますが、福岡近郊でとれた旬のものが安く手に入ると、
地元の人のみならず観光客にも人気です。
そして、リヤカー部隊の元気なおばちゃんたちとの人情味あるやりとりもまた、魅力のひとつ。
飛び交う威勢の良い掛け声。
お客さんと交わされる生き生きとした会話。
人と人とのふれあい…。
自然と笑顔になるような、あたたかい写真がきっと撮れるはず。

タイトルとURLをコピーしました