Issue 2020.04

Issue|陶芸家・馬場勝文が辿ってきた5つのターニングポイントとは。

Read

littlepress

2012.
6.5

シルクスクリーン工房/Mesh(メッシュ)

作り手の想いを伝えるシルクスクリーン印刷。  100年以上の歴史を持つシルクスクリーン印刷。その最大の特徴は、…

2012.
6.5

久留米絣工房  津留織物=津留政次さん

“いま”と“むかし”。時代が織りなす、絣というやわらかな布。  福岡県南部に位置する八女市広川町。この町には現…

2012.
6.5

オーキッド(蘭)スタイリスト=内田洋一朗さん

暮らしに寄り添う、蘭の造形美。  蘭といわれて思い浮かぶのは、“派手で豪華な、特別な日に贈られる花”そんなイメ…

2012.
3.21

人の手から生まれるものづくりワークショップ

エフ・ディデザイン塾【課外授業】ちくごの手仕事 人の手から生まれるものづくりワークショップ エフ・ディより発売…

2012.
2.10

活版印刷=カッパン倶楽部

活版印刷から生まれるものづくり。  日々移りゆく、時間の流れと時代の変化。私たちは新しいものを受け入れ、古くな…

2012.
1.16

アーティスト=國盛麻衣佳さん

町が歩んできた歴史を知ることから、私たちの町づくりが始まる。  「今は大好きな大牟田ですが、思春期の時は“早く…

2012.
1.16

石田ヴァイオリン工房=石田泰史さん

追求した先にあったのは、ヴァイオリンの果てしない奥深さ。  「大学時代はチェロを担当していましたが、当時の福岡…

2012.
1.16

ことりや文具店=居倉郁子さん

綴る楽しさを教えてくれる、町の文房具屋さん。  閑静な住宅街の中で風にはためく『ことりや文具店』の布看板。ゆる…

2012.
1.16

ソープデザイナー =ホノさん

生活を豊かに彩る、石けんという消耗するアート。  まるでスィーツのような、色とりどりの石けん。ソープデザイナー…

2011.
7.12

地域交流センター 津屋崎ブランチ

主役は町と人。4人の若者から広がる津屋崎の町おこし。  博多から車で約1時間。昔ながらの瓦屋根が立ち並ぶ津屋崎…

2011.
7.12

八女提灯絵付 工房 零=樋口夫妻

夫婦で描くのは、昔から変わることのない伝統。  作業場に所狭しと置かれた提灯は、伝統工芸品である“八女提灯”。…

2011.
7.12

墨絵アーティスト=YU-KI NISHIMOTOさん

墨の力強さと繊細さで表現される躍動感。  墨絵アーティスト西元さんの描く作品の特徴は、その躍動感。まさに今ボー…

タイトルとURLをコピーしました