フォトワークショップ「視点採集」とは…

ひとつの視点を決めて撮影をすることで、
今まで気付かなかった見方や新しい視点を蒐集しようというワークショップです。
同じ時間に同じ場所を歩いていても、それぞれの視点が異なることで、生まれてくるストーリーは様々。
一緒に巡った人たちが切り取った写真を見て、その人の口から語られる想いを聞くなかで、
自分にはなかった新しい視点が得られるのも、このワークショップの魅力です。

①視点をもって写真を撮る・・・

「どういう視点で撮るか」を決めて撮影します。
何気なくシャッターを切るのではなく、1枚1枚を大事に、意識しながら考えて撮ることで、
写真に「自分らしさ」が表れてきます。
改めて、自分はこういう「情景・光・色・形状」が好きなんだと気付くことも。

フォトワークショップ 視点採集

②写真をセレクト・・・

撮った写真の中から、自分の視点・テーマに沿った10枚を選び出します。
ひとつの視点で撮られた写真をまとめて見せることで、テーマもより強く伝わります。

フォトワークショップ 視点採集

③発表と講評・・・

写真をプロジェクターで投影しながら、どういう視点で撮ったのかを発表します。
他の人の発表に、「こんな切り取り方があったのか!」という新たな発見や刺激を受けたり、
同じところを見てきたはずなのに、どこにそんな景色があったのだろうと驚くような場面もあったり。
最後に講師の石川博己が講評をします。

フォトワークショップ 視点採集

エフ・ディオリジナル撮影記録手帳

参加者全員に配付するF_dオリジナルの撮影記録手帳!
フィルムの方は撮影時にこの手帳へ「絞りとシャッタースピード」を記入していただきます。

タイムテーブル

8:00〜9:00 開催地に集合
毎回撮影場所が変わります。
9:00〜12:00 撮影・視点採集
12:00 一旦解散
*フィルムの人は、発表にデジタルデータが必要なため、夜までに現像を行い、CD-ROMに焼き込んできていただきます。フィルムの現像/データCD書き込み代は各自負担となります。
14:00~15:00
エフ・ディ デザイン塾に集合・写真セレクト〜補正
デザイン塾の教室にて写真の発表を行いますので、撮影したデータをお持ちの上、お越しください。2人1組で1台のMacを使い、撮影した写真の中から10枚をセレクトします。コンピュータを使った写真の補正なども指導いたします。
15:00〜16:00 発表・講評
セレクトした10枚の写真をプロジェクターで投影しながら、どのような“視点”で撮影したのかを発表していただきます。また、講師の石川がみなさんの写真を講評いたします。
16:30 終了

講師

写真家=石川博己さん
石川博己(いしかわひろみ)
1967年生まれ。福岡を拠点に活動するグラフィックデザイナー・エディター・フォトグラファー。広告から出版物の企画・編集・撮影・デザインを行う。福岡のものづくり(伝統工芸や手仕事)に興味を持ち、さまざまな産地工房を訪ね取材・撮影を行っている。福岡筑後地方の工芸を紹介する『ちくごの手仕事』(2012年)や『久留米かすり本』(2013年)を企画出版。九州のものづくりの魅力を発信している。また、地域の隠れた観光資源を顕在化させるプロジェクト『クリエイティブツアー』を立ち上げ、地域の観光資源の発掘や体験プログラムの開発などにも携わる。写真とデザインの力によって地域活性や情報発信を行っている。

募集中の視点採集

現在予定がありません。

履歴・レポート

Report: 視点採集「博多祇園山笠/追い山」編|2016.7.15
Report: 視点採集「椎葉村メープルツアー」編③|2016.3.12-13
Report: 視点採集「椎葉村メープルツアー」編②|2016.3.12-13
Report: 視点採集「椎葉村メープルツアー」編①|2016.3.12-13
Report: 視点採集「那珂川町」編|2015.10.18
Report: 視点採集「博多ぶらぶら」編|2015.8.9
Report: 視点採集「箱崎」編|2015.4.12
Report: 視点採集「志賀島」編|2015.1.25